レスリング選手のナルシン・ヤダフは、12月18日からXNUMX日までベオグラードで開催される個人ワールドカップにXNUMX年ぶりの国際大会に出場する予定だったが、今後は隔離生活を余儀なくされることになる。

ドーピングによる19年間の出場停止処分を終えて初の国際大会に向けて準備を進めていたレスリング選手のナラシンハ・ヤダフは土曜日に挫折し、コロナウイルス検査で陽性反応が出た。グレコローマンレスラーのガープリート・シンも新型コロナウイルス陽性であることが判明した。

ナルシンは12月18日から74日までベオグラードで開催される個人ワールドカップにXNUMX年ぶりの国際大会に出場する予定だった。今大会ではジテンダー・キンハに代わってXNUMXkg級に出場した。

インドスポーツ庁(Sai)は声明で、ナラシンハ(74kg級)が今年77月に再び大会に出場する資格を得たと発表した。彼とガープリートさん(XNUMXkg)には症状はない。この二人とは別に、理学療法士のヴィシャル・ライもこの危険なウイルスに陽性反応を示したことが判明した。

サイ氏は、「27人とも症状はなく、予防措置としてソネパットのバグワン・マハヴィル・ダス病院に入院している」と述べた。さらに、「レスラーはディワリ休暇と隔離を経てソーネパットの代表キャンプに合流した。サイが作成した標準的な手順によれば、XNUMX日目、つまりXNUMX月XNUMX日金曜日に検査を受けることになっており、報告書が届いた」と付け加えた。

86月には、65人のシニア男子レスラー、ディーパック・プーニア(125kg)、ナヴィーン(XNUMXkg)、クリシュナ(XNUMXkg)がキャンプに参加した後にウイルス陽性であることが判明した。