ミッション・オリンピック・セルは、メダル獲得が期待されているインドのレスラー、バジュラン・プニアが東京オリンピックで米国での1か月の練習キャンプに参加することを許可した。リリースによると、この決定は木曜日のミッション・オリンピック・セルの会議で下されたという。これは、ターゲットオリンピック表彰台スキーム(TOPS)への出場資格のある選手を選出するインドスポーツ局によって結成されたユニットです。

キャンプは4月3日から14月XNUMX日までミシガン州で実施され、費用はXNUMX万ルピーとなる。コロナ流行のさなか練習が再開されて以来、バジュランはソニパットのサイセンターで練習を続けている。彼はコーチのエムザリオス・ベンティニディス氏とフィジオのダナンジェイ氏とともに渡米し、ヘッドコーチのセルゲイ・ベログラゾフ氏の指導の下、トップレスラーたちと練習する機会を得る予定だ。