ドナルド・トランプ前氏の弾劾は、終結予定だった同日に上院が証人出廷を認める決定を下し、予期せぬ展開を迎えた。起訴状では、共和党のハイメ・エレーラ・ボイトラー下院議員が昨夜、トランプ氏の弁護人が大統領が国会議事堂を守る義務を怠ったことを否定した後、最後のテーブルで弾劾に賛成票を投じた理由は次のとおりだと繰り返したと証言を求められている。当時の大統領:下院の指導者ケビン・マッカーシーは、襲撃の最中にトランプ大統領に電話して支持者をなだめるように頼んだとき、トランプ大統領は暴徒側についたと語った。

にもかかわらず 抗議 トランプ氏を擁護する立場から、上院は下院が任命した議員の事件について検察の要請を承認したが、その手続きは賛成55票、反対45票で始まった。共和党議員XNUMX人が請願を支持しており、このプロセスの合憲性を支持したXNUMX人(スーザン・コリンズ、リサ・マーカウスキー・ミット・ロムニー、ベン・サス)と、土壇場で投票を変更し奨励すると脅した大統領の盟友リンジー・グラハムもいる。たくさんの証人の登場。

もし強行するなら、私が呼びたい証人の数を制限しないでください、と弁護士のマイケル・ヴァン・ダー・ヴィール氏は投票前に警告した。何百人もの人々が裁判の予想外の展開に激怒したと彼は語った。ワシントンでは今朝、現地時間10.00時にスタートします。同氏は、この告発は反乱を扇動するためのものであり、次に何が起こったのかについてではないと主張した。後で何を言われたとしても、それは反乱の扇動とは何の関係もありません。」

10月13日にトランプ氏の弾劾に投票した6人の共和党議員のうちのXNUMX人、エレラ・ボイトラー下院議員は昨夜声明を発表し、マッカーシー氏とトランプ氏の会話に関する自身の発言を再確認し、証言する用意があると述べた。マッカーシー氏がXNUMX月XNUMX日にようやくマッカーシー氏を探し出し、公の場で抗議活動の停止を強く求めるよう求めたとき、マッカーシー氏が最初にしたことは、反断食派が国会議事堂に入ったという嘘を繰り返すことであった、と同議員は語る。会話後にマッカーシーがとったメモによると、マッカーシーは彼を訂正し、加害者は彼の同調者であると語った。

エレーラ・ボイトラー氏によると、ケビンさん、この人たちはあなたよりも選挙のことで怒っていると思います」と大統領は共和党指導者に答え、すでに1月にこの会話の内容をケビン氏の弾劾支持理由の一部として明らかにしたという。トランプさん。同議員は、マイク・ペンス元副大統領を含め、その日大統領の対応を目撃した残りの愛国者たちに名乗り出て証言するよう呼び掛けた。何か付け加えたいことがあれば、今がその時です。

ハイメ・ラスキン下院議員が発表した、彼女を証人として呼ぶという検察の決定は、民主党を含むすべての上院議員を驚かせた。一部の共和党議員は、これを宣戦布告であり、事件における前大統領の役割について裁定を下す前に、事件の広範な調査への招待であると受け止めている。ナンシー・ペロシ(下院議長)が、トランプ大統領の演説前に暴力行為が計画されていた兆候はなかったのかという質問に答えているため、我々は始めることができたと同氏は指摘する。

証人喚問の手続きは面倒なようで、ジョー・バイデン大統領自身も新たな救済計画に関する上院との交渉が泥沼化していると見ている可能性があることに加え、両当事者がアプリオリに望んでいた以上に結果が長引く恐れがある。各政党が呼びたい証人は、民主党が50議席、共和党などが持つ議席の本会議で投票し、各政党の合意を得なければならない。プロセスのルールに関する交渉も必要となるが、それは今日では未知の領域に入っている。

しかし、この予期せぬ展開が裁判の結果を変えることは難しいようだ。民主党が評決成立に必要な票の3分の2に達するには、トランプ氏の有罪判決を支持する共和党議員17人の支持が必要だが、現時点で賛成票を投じているのは6人未満だ。上院少数派共和党リーダーのミッチ・マコーネル氏は今朝、同僚らにメモを送り、元大統領の有罪判決に反対票を投じるつもりだと発表した。