デモ弾圧の結果として初の死者が確認された後、数千人のビルマ人が再び同国の主要都市の通りを埋め尽くした。ビルマ第1の都市マンダレーで今週土曜日、XNUMX月XNUMX日にクーデターで政権を掌握した軍事政権に対する抗議活動中に警察の銃撃により少なくともXNUMX人が死亡し、クーデター以来の弾圧による死者数は現在XNUMX人に達している。 。

目撃者によると、最初の死亡者は頭を打たれ、遺体は地面に横たわり、動かなくなっていたという。この若者は造船所のストライキ労働者が抗議活動に参加し、当局が強制労働させようとしていたのを支援するためにやって来た。目撃者らによると、同氏の死亡と2人目の死亡者の死亡はいずれも医療機関によって認定されており、この事件で少なくとも他に5人が負傷したと述べた。

目撃者らは、警察が実弾やゴム弾、催涙ガス弾、さらには金属ボルト製のパチンコを使用して抗議活動を鎮圧したと主張した。 「まるで紛争地帯だ」と彼らは言った。この20人の死亡により、ここ数週間、主要都市の街頭で軍の乗っ取りに抗議するデモ参加者に対する警察の弾圧により、死者はXNUMX人となった。さまざまな人権団体の報告によると、この国は、市民的不服従運動に参加していたXNUMX歳のミャ・トゥエ・トゥエ・カインさんが警察によって実弾で射殺されたことで、依然として衝撃を受けている。

抗議活動参加者たちは本日、ラングーン市内のさまざまな場所で犠牲者に花を捧げて追悼の意を表し、大動脈の一つに民主主義と軍の乗っ取りに対抗する政治指導者の釈放を求めるメッセージを描いた。銃撃を受け重体で10日間過ごした後、木曜から金曜の夜に死亡した若い女性の像は、市民的不服従運動の象徴となっている。最近、国内の街頭は軍の蜂起に対する大規模な抗議活動で埋め尽くされており、治安部隊は放水銃やゴムボール、さらには実弾で応じることもある。

軍事政権はまた、街頭への兵士の配備、毎日のインターネットの停電、国民の権利を損なうさまざまな法律によって、行政機関やその他の部門でのストライキを含む市民的不服従運動を鎮圧しようとしている。軍は、2015年と同様、スー・チー氏率いる国民民主連盟が圧勝した昨年XNUMX月の選挙での選挙不正疑惑による権力掌握を正当化した。